東京・ペット葬儀|猫に与えてはいけない食べ物|ペットセレモニーウェイビー西東京支店

query_builder 2021/11/21
ブログ
cat-2102420_1920

猫ちゃんが食べると良くないものがあります。


ネギ類(玉ねぎ、長ネギなど)

これは血液中の赤血球を壊す働きがあり、食べると中毒を起こしたり、黄疸や貧血症状が出ることもあります。重症になると死ぬこともあります。


 牛乳

体の中にある酵素で乳糖を分解するものが減ってきていると下痢をするようです。下痢にならなければ問題ないようですが、下痢をするようならペット用のミルクが売っていますのでそちらを与えましょう。  


生の豚肉

人にも感染するトキソプラズマ症を引き起こす虫がいる恐れがあり、与えるのは避けた方が良い。犬や人に感染するリスクは同じですが、猫ちゃんのみ体内でトキソプラズマが完全に成長するようです。

トキソプラズマ症は、健康な方が感染した場合は無症状で経過し、自然に治癒してしまうことが一般的です。しかし、HIV患者など免疫の低下した方や、妊娠中の女性が感染した場合や大きな健康被害をもたらす可能性があります。(メディカルノートより抜粋)


鳥の骨・魚の骨

鳥の骨は裂けやすいので、喉や内臓に刺さる恐れがあります。魚の骨も消化に悪いようです。  



サザエ・トコブシ・アワビ・トリガイ

これらの貝の内臓を食べた猫ちゃんが日光に当たると皮膚にかゆみを伴う発疹が出来る光過敏症というアレルギー症状を起こすことがあります。特に3月~5月頃に毒性が強くなるようです。 人も大量に摂取すると同じ症状が出ることもあるようです。  


香辛料

刺激が強すぎて、肝臓や腎臓に負担を掛けます。塩分の濃いもの(人間の食事)は与えない方が良いようです。塩分を多量に摂取すると心臓や肝臓の病気になりやすい。


摂りすぎに注意するもの


生の貝類や甲殻類:チアミン欠乏症を発症することがある。イカやタコは消化に悪い。



レバー:食欲不振や疲労感を誘発


カルシウム:骨を強くするために与えがちですが、過剰に摂取すると、骨格異常や発育障害を引き起こす。カルシウムの吸収にはリンが必要ですが、カルシウムのみだとリンが欠乏し、弊害が起きるようです。  


ここに挙げたもの以外でも与えない方が良いものがあります。


安心できるものはやはりキャットフードをあげるのが良いでしょう。


現在は様々な種類、形態のキャットフードがあります。


好みにあったものを与えましょう。


また年齢や病気によっての療法食もありますので、こちらは動物病院の先生に相談してから与えるのが良いです。


犬のドライフードは厳禁です。


猫ちゃんに必要なタウリンが多分に含まれておらず、食べ続けると栄養不足になるようです。


ペット葬儀、ペット火葬をお悩みの方は ペットセレモニーウェイビー西東京支店までご連絡ください。 

0120-99-1594(イーゴクヨー)  


ペット葬儀、ペット火葬をご希望なら

ペットセレモニーウェイビー西東京支店

365日、24時間営業で東京都西部や埼玉県南西部を対象にペット葬儀・ペット火葬全般のお手伝いを真心こめて行っております。   

詳しくは下のボタンから


#東京 #ペット葬儀 #東村山市 #清瀬市 #東久留米市 #東大和市 #小平市 #西東京市 #動物病院 #移動火葬車 #口コミ #ペット火葬 #評判 #ペットセレモニー #エンゼルケア #湯かん  料金プラン #ドライアイス


NEW

  • 東京・ペット葬儀|飼い猫に健康で長生きしてもらうために|ペットセレモニーウェイビー西東京支店

    query_builder 2021/11/20
  • 東京・ペット葬儀|火葬後のお骨について|ペットセレモニーウェイビー西東京支店

    query_builder 2021/11/18
  • 東京・ペット葬儀|ペットにかけてあげる言葉|ペットセレモニーウェイビー西東京支店

    query_builder 2021/11/17
  • 【東京・ペット葬儀】ペットちゃんが亡くなったご家族にかけてあげる言葉|ペットセレモニーウェイビー...

    query_builder 2021/11/16
  • 東京・ペット葬儀|来なかった業者|ペットセレモニーウェイビー西東京支店

    query_builder 2021/11/15

CATEGORY

ARCHIVE